鉄道全駅・撮り鉄ウォーキング

留萌本線に乗り鉄・留萌駅から廃線跡を黄金岬へ

 
トップ > 鉄道旅行 > 留萌本線
JR北海道で廃止される方針である留萌本線に乗り、留萌駅から廃線跡を辿って黄金岬などを散策します。留萌本線は自治体との協議がまとまりしだい廃止されると言われているので、今のうちに乗っておきます。

2018年9月

深川11時9分発の列車に乗ります。
深川駅

時間に余裕があるので、真布で下車して恵比島までの2.9kmを歩き、次の列車で留萌に向かいます。
真布駅

真布から45分ほどで恵比島に着きました。明日萌の駅舎や駅前の神社などを散策。 朝ドラはほとんど見たことがないので、すずらんが再放送したら見ようと思います。 12時50分発の列車で石狩沼田へ戻ります。
恵比島駅

真布駅から恵比島駅へ歩く

石狩沼田を45分ほど散策して、13時39分発の列車で留萌へ向かいます。
石狩沼田駅

留萌に14時21分に着きました。千望台へ行く予定だったが、時間的に無理なので、黄金岬を散策することにしました。
留萌駅

留萌駅から2016年に廃止された増毛方面へ線路跡を少しだけ辿ってみます。小さな橋梁があった場所ですが、撤去されています。
廃線跡

留萌郵便局前の跨線橋の下には線路が残っていました。
廃線跡

大町バス停のすぐ前が黄金岬です。帰りはここからバスで留萌駅へ戻りました。
大町バス停

黄金岬は、夕日の名所ですが、曇りでした。
黄金岬

黄金岬からは、瀬越駅跡が見えます。
瀬越駅跡

留萌駅に戻ると、40分ほどの待ち時間があり、展示してある写真などを見学しました。
SLすずらん

16時17分発の深川行きの列車に乗ります。
留萌駅

深川に17時15分に着くと、日が暮れて真っ暗でした。
深川駅







プライバシーポリシー