根室本線・代行バスで幾寅駅へ

寅年、明けましておめでとうございます。幾寅は、故・高倉健さんの映画・鉄道員(ぽっぽや)の舞台になった駅です。

現在、列車は運休中で、新得駅から幾寅を経て、東鹿越駅まで代行バスが走っています。

代行バスで十勝から石狩への分水嶺である狩勝峠を越えます。

石狩側の最初の駅、落合に着きました。時間調整のため、運転手さんが案内して下さいました。

かなやま湖へ注ぐ川沿いを走って幾寅へ。バスの中から写真を撮っただけなので、次回は見学したいです。

代行バスの終点である東鹿越駅からは列車で富良野へ向かいます。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。